So-net無料ブログ作成

投資戦略 [市況]

日本~日銀の量的緩和と政府の経済対策

 米国の金融緩和が一段と進展すると、日米の金利差縮小から為替相場では円高圧力がかかることになる。ということは、その時期は米国の追加金融緩和が予想される9月ごろまで続くということになる。日本の4-6月期の実質国内総生産(GDP)の成長率が前期比年率+0.4%と大幅に鈍化したが、その大きな原因は円高の進行があるように思う。

 従って、日本の円高デフレを防止するには、やはり日銀と政府の政策対応が必要になってきたといえる。ちなみに、日銀の金融政策決定会合は、民主党代表選挙前の9月6、7日の予定。まず、日銀ができることとしては、「金融は既に十分緩和されており、金融緩和の効果はない」という認識を改めることから始まるだろう。8月23日の菅首相と白川日銀総裁のわずか15分の電話会談では、何も具体策が出なかったことで、マーケットは失望)。要は、当局が円高を阻止するという強い姿勢を示すことが大事だろう。でなければ、今後80円/ドル割れのリスクがないとはいえないだろう。円高が何をもたらすのか。このままだと、日本企業の雇用や投資の海外流出が一段と加速することになるだろう。国内空洞化を防ぐためにも、ここは日銀、政府の対応が極めて重要になってきたといえよう。日銀の方策としては、(1)新型オペの拡(供給総額を20兆から30兆に広げる)など、追加の金融緩和を実施すること、(2)政策金利の1%を0~0.1%に引き下げる(ゼロ)金利の復活)、(3)2003年から04年のような為替介入を実施すること)、ーだろう。

 政府としても、ようやく9月上旬に円高の進行とデフレ脱却に向けた経済対策の骨格をまとめる(年末で切れるエコポイント制度の延長、新卒者の就職支援、中小企業の資金繰り支援など)ことになった。日米ともにこの秋は大きなイベントを迎えることになりそうだ。為替相場と株式市場の転機もその頃に訪ずれることになりそうだ。今はその秋(とき)に備えておく時期を迎えたように思う。




債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010


31日香港株=売り先行か、様子見ムードの高まりで=売り先行か、様子見ムードの高まりで [市況]

 本日の香港市場は週明け30日の米株市場が反落した流れを引き継ぎ、売り優勢でスタートか。決算発表のピークが過ぎ、市場では中国の8月の経済指標の動向に関心が移り、当面は様子眺めの手控えムードが広がりそうだ。

  30日のNY株式市場でダウ平均は大幅反落。世界的な景気鈍化懸念が重しとなり、終日、下値を模索する動きとなった。先週末にバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が経済状況次第で追加金融緩和の用意があると述べたことを受けて大きく上昇していたため、利益確定の売りも出やすい相場環境だった。ただ、節目の10000米ドルは守った。NASDAQは前日比33.66ポイント安、S&P500は同15.67ポイント安。セクター別では金融や一般消費財が売られた。

 本日の香港市場は、週明けのNY株式市場が反落した流れを受け、売り優勢で始まると予想される。主力株の決算発表を終え、市場の関心は購買担当者景気指数(PMI)など、この先発表が続く中国の8月の経済指標に移り、当面は様子眺めの手控えムードが広がりそうだ。明日9月1日発表のPMIの市場予想は51.5。前月に続き低水準を予想する向きが多く、景気先行き不透明感が強く意識されれば、相場の足かせになる可能性がある。このほか、30日の香港株の米国預託証券(ADR)はほぼ全面安。時価総額の大きいHSBC(00005)、チャイナ・モバイル(00941)をはじめ大半の銘柄が香港終値を下回って引けており、これにサヤ寄せする動きになれば、指数下押し要因になろう。

 本土市場は米株市場の軟調を受け、こちらも売り先行か。積極的な買い材料に乏しい中、この先の経済指標の発表を控え、手控えムードが強まり神経質な展開が予想される。市場では、8月の消費者物価指数(CPI)上昇率が前月の3.3%を超える強い内容となるとの見方が優勢だ。インフレ圧力上昇を背景に引き締め懸念などが相場の重しとなりそうだ。




債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010


ユーロドル、スペイン税制問題が話題となり上値重い [市況]

 ユーロドルはLDNフィックスにかけ 1.2765ドルまで本日高値を更新した。しかし「スペインの税制問題がユーロのネガティブ材料として一部で話題になった」(NY外銀筋)ため、上値が重くなり1.27ドル前半へ下押ししている。ユーロ円も108円手前まで戻した後は、107円半ばへ緩んだ。

 0時29分現在、ユーロドルは1.2717ドル、ユーロ円は107.61円で推移。




南アフリカランド/インド株/日興コーディアル証券/オリックス証券/楽天証券/マネックス証券


米7月シカゴ連銀全米活動指数は改善も、3カ月平均はマイナス [市況]

 米7月シカゴ連銀全米活動指数は±0.00となり、市場予想の-0.10より強い結果となった。前月の-0.70(-0.63から修正)をも上回り、景気拡大・縮小の分岐点を回復。ただ3カ月平均は前月の大幅低下を背景に-0.17と前月に続きマイナス圏へ沈んでおり、製造業の改善ペースが非常に緩やかであることを示唆した。



携帯アフィリエイトヴィンテージアフィリエイト成功法携帯アフィリエイト博多もつ鍋



ロー情報;ユーロドルは1.2860ドル付近にストップ観測 [ERROR: NOT PERMITED METHOD: name ]

19時42分現在、ユーロドルは1.2838ドル、ユーロ円は109.82円で推移。


中国株サマリー(19日)

 19日の中国本土市場で、主要指数の上海総合指数は反発。終値は前日比0.81%高の2687.98ポイントだった。朝方はマイナスに沈む場面も見られたが、前引け前に資源株、非鉄金属株主導で上昇するとその後は2700ポイントの大台を回復。高値では売りに押され、やや上げ幅を縮めたものの、5月14日以来約3カ月ぶりの高値を付けて引けた。不動産引き締め懸念が重しとなる半面、政府が「戦略的新興産業」と位置付ける7業種の発展計画に海洋産業が加わるとの観測や内モンゴル自治区の振興策が打ち出されるとの報道を受けて政策期待が高まった。セクター別では資源、非鉄金属、銀行などが買われる半面、不動産、医薬が売られた。
 上海B株指数は前日比0.09%高の247.74ポイントと反発、深センB株指数は0.19%安の661.16ポイントと3日続落した。両市場の売買代金は概算で2498億5700万元と4月13日以来約4カ月ぶりの大商いとなった。
  A株市場では、前日売られた資源株が買い戻されて相場の上げを主導。石炭大手の中国神華能源(601088)が5.37%、石油大手のシノペック(600028)が3.93%それぞれ上昇した。金融銘柄は後場に一段高となり大手の中国銀行(601988)が0.29%高、中国工商銀行(601398)が0.72%高と買われた。前日大引け後に発表した2010年6月中間決算で6割増益を発表した招商銀行(600036)は2.23%高で引けた。商品相場の上昇を受けて産金銘柄も高い。内モンゴル自治区で新疆ウイグル自治区に並ぶ規模の振興策が打ち出されると伝わり、内蒙古西水創業(600291)など地場銘柄に買いが集まった。一方、不動産銘柄は国土資源部が未利用の開発用地2000カ所の調査に乗り出したと伝わったことなどを受け、大手の万科企業(000002)が0.57%、招商局地産(000024)が1.84%それぞれ下落している。
 B株市場でも不動産が軟調。大手の万科企業(200002)が2.53%安、招商局地産(200024)が0.34%安を付けて相場の重しとなった。一方、大型株はそろって買われている。中国国際コンテナ(200039)が1.01%高、上海振華重工(900947)が1.09%高と上昇し、相場の下値を支えた。



携帯アフィリエイト/博多もつ鍋/Lex Corp blog/サテライトシステム



ドル/加ドルは4日ぶり安値、M&A観測が追い風に [市況]

 ドル/加ドルは、下落が継続。NY外銀筋によると「資源大手BHPビリトンが肥料大手ポタシュに対して行った買収提案が下地にある」という。一部報道ではポタシュが買収案を拒否したと伝えているが、為替市場ではドル売り・加ドル買いで反応し一時1.0327加ドルと4日ぶりのドル安・加ドル高水準を示現した。ただ同水準には100日移動平均線のサポートが控え、下げ止まるか。加ドル円も対ドルでの上昇につれ、一時82.76円へ上昇し前日高値82.86円へ接近した。
 23時05分現在、ドル/加ドルは1.0333加ドル、加ドル円は82.73円で推移。 


インド株介護保険南アフリカランド株式投資日記




豪ドル/韓国ウォン(KRW)の短期・中期テクニカルポイント [市況]

レジスタンス2.  1086.02(09/11/16高値)
レジスタンス1.  1077.04(7/23高値=年初来高値)
前日終値     1064.09
サポート1.     1058.15(7/28安値)
サポート2.     1053.89(7/22安値)。

香港株前場:小幅続落、世界的な景気減速懸念を嫌気

 13日の香港市場で主要指数のハンセン指数は続落。NY株式市場でダウ平均が続落した流れを引き継いで小幅安で寄り付いた後、前日までの3日続落の反動で一時はプラス圏に浮上したものの、世界的な景気減速への懸念から再び前日終値を割り込んでいる。ハンセン指数は日本時間午前11時25分現在、前日比0.08%安の21089.56ポイントで推移。個別では、前日後場に好決算を受けて大幅高となった東亜銀行(00023)が反落しているほか、軟調な原油相場を嫌気し、ペトロチャイナ(00857)がさえない。一方、好決算とIDSグループ(02387)の非公開化を発表したリー&フン(00494)が買われている。



株式投資株式市況コスモ証券岩井証券日興証券




借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金問題|借金相談|自己破産|多重債務|弁護士会|借金返済|弁護士相談|過払い請求|自己破産

ジェネリック通販|抗うつ薬を利用していようとも…。

たまに「催眠療法をやって頂ければ、精神疾患のひとつパニック障害を着実に克服することが叶いますか?」というふうな問い合わせを受けますが、それに関しては「十人十色!」ということでしょうね。
OCDとも命名されている強迫性障害は、大変なことに疾病状況が余りにも多種多様であるせいで、実態がつかみづらい精神疾患ですが、効果的な治療をいち早く行なうことが重要です。
うつ病に加えて人間関係の苦悩、その上心に問題を持ち続けている人の克服方法を披露していたり、苦悩に関して相談を受け付けてくれる限定サイトも見つけられます。
副作用としてゾロフトは眠気があります。服用前はご注意ください。
抗うつ薬を利用していようとも、本質的原因だと指摘されているストレスを消し去らないと、うつ病を克服することは、何をしようとも無理なのです。
精神病であるうつ病とされるのは、治療をやることによって誰だって良い結果を期待できるのに、治療を受け入れないで困惑している方が大勢いると言われる実態は、あまりに不可解な現実ですよね。

どれほど怖さを感じても我関せず状態で、力任せに何回も経験したくない体験をさせて、それに対して免疫をつけることによって、「パニック障害の克服をするといった治療法も取り入れられることがあるのです。
適応障害と言われているのは、“心が風邪を引いただけ”と判断されるくらいなので、あなたも私も患う懸念がある精神病で、迅速にしっかりした治療をやってもらえれば、間違いなく治ります。
対人恐怖症も、当然治療の開始が遅くなればなるほど、体の具合が悪化と同時に常態化しやすく、アルコールなどの依存症とかうつ病などを同時発症する確率が高くなります。
「概して治療を受けた人全員が、4週間で強迫性障害を克服してきました。」とか、「治療費25万円で克服間違いなし!」というふうなアピール記事も載っていることもあるのですが、試す価値はありますでしょうか?
パニック障害というものは、命に影響を与える心的要素の疾病というのではなく、長期化することもあるとのことですが、ほったらかしにせず最適な治療を実施したら、恢復し易い精神病であるとのことです。

残念ですが自律神経失調症は、単に心的な病だと判断されているかもしれませんが、実は、根底的な原因と言われている首の自律神経の機能を規則性のある状態に快復させないと治すことはできないと思われます。
強迫性障害と言いますのは、治療のときは当たり前として、全快に向けて努力している期間に、関係のある方のアシスト体制が肝要と言ってもよいのです。
認知行動療法と言いますと、パニック障害の症状だと断定できる広場恐怖あるいは予期不安に左右されて、「家から一歩も出れない」などの日頃の生活が困難な方専門の治療だと聞きました。
近年はデュゼラを通販で購入する人が増えています。信頼できる薬通販サイトを見つけることもポイントです。
パニック障害の代表的な治療法は薬物療法に違いありませんが、薬で発作を鎮静させていたところで、広場恐怖または予期不安はスムーズに除去できるものではないというのが現状です。
このページでは、「何が原因で精神的ストレスを保持し続けてしまうのか?」について解説をして、どこでも起こり得る心的受傷体験はもちろんですが、「トラウマ」をどのように克服するかについて詳しく解説します。


AGA治療|木枯らしが強くなる秋より晩冬の時期迄は…。

相談してみて、そこで自身の抜け毛が薄毛の兆しと気付くこともあるのです。早く専門医で診て貰えば、薄毛状態になる前に、気軽な治療で済ますことも可能です。
我が日本においては、薄毛はたまた抜け毛を体験する男の人は、20パーセントほどだと聞いています。この数字から、全部の男の人がAGAになるということは考えられません。
年を積み重ねるごとに抜け毛が増加傾向になるのも、加齢現象だとされ、しょうがないのです。その他、気温などに影響を受け抜け毛が増えるらしく、24時間あたり200本程抜け落ちてしまうこともあり得ます。
個々人の現状次第で、薬または治療費が違ってくるのは当然かと思います。早期に見つけ出し、早期改善を狙えば、必然的に割安の費用で薄毛(AGA)の治療を行なってもらえます。
発毛効果のあるツゲインの使い方については、使用前にきちんと理解したうえでご使用してください。
頭皮を壮健な状態のままにすることが、抜け毛対策におきましては必要だと感じます。毛穴クレンジングないしはマッサージなどの頭皮ケアを吟味し、ライフサイクルの改善をすべきです。

実際には、二十歳前に発症することになるケースも見られますが、ほとんどの場合は20代で発症するとのことで、40歳になる少し前から「男性脱毛症」と称される薄毛が増えてくるのです。
頭皮のお手入れをしないと、薄毛は酷くなっていくのみです。頭皮・薄毛のメンテナンス・対策に勤しんでいる方とそうでない方では、これから先大きな相違が生まれるでしょう。
木枯らしが強くなる秋より晩冬の時期迄は、抜け毛の量が一際多くなります。すべての人において、この時節になりますと、いつにも増して抜け毛が目立つのです。
生活スタイルによっても薄毛に見舞われますから、いい加減な生活スタイルを修正すれば、薄毛予防、あるいは薄毛になる年齢を先延ばしさせるというような対策は、多かれ少なかれ可能になるのです。
AGA治療薬が市販されるようになり、国民の関心も高くなってきたとのことです。しかも、病院でAGAを治療を受けられることも、段々と知られるようになってきたようです。

本来髪と言うと、抜けると生えるをリピートするものであり、全然抜けることのない頭の毛なんて存在しないのです。抜け毛が日に100本に達する程度なら、何の心配もない抜け毛だと思われます。
概ね、薄毛と言われるのは頭の毛がさみしくなる現象のことを意味します。様々な年代で、苦慮している方はものすごく目につくと言って間違いないでしょう。
今の段階で、圧倒的に成果が出やすい男性型脱毛症の治療法と言明できるのは、プロペシアを利用してはげの進行をストップさせ、ミノキシジルを使って発毛させるということだと言えます。
AGAの初期段階である前髪のはげが気になりだしたら、薄毛治療をはじめた方がいいでしょう。
実際に育毛に良いと言われる栄養素を食べていましても、その栄養分を毛母細胞に運び届ける血流に不具合があれば、効果が期待できません。
CMなどのお蔭で、AGAは医者でないと効果無しみたいな固定観念もあるようですが、通常の病院においては薬の処方箋を手渡されるだけで、治療が行われることは皆無です。専門医にかかることが不可欠です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。